年の初めに想うこと


あけましておめでとうございます。
年があけて最初のブログ記事になりますが、
今年も思うこと、気づいたことなどを、つれづれに記録していきたいと思います。


新年の朝は、毎年家族でささやかなおせち料理とお雑煮を前に、
「今年はこんな年にしよう!」と乾杯をして、始まります。

今年は、チワワンズも加わり、いつもよりも賑やかな(うるさい)なか、
「昨年は、子供達がみんな頑張った良いとしだったね。今年は、親が頑張る番だね。」
なんてことを、語り合いながら、
いつもと同じように1年が始まりました。


その後、の~んびりした元旦を過ごしながら、
「頑張るって、やっぱり仕事のことだよね・・」なんて、一人思ったりしました。

「頑張る」って何をどうすることだろう。。


独立して3年目になりますが、最近、ようやく自分らしい働き方が見えてきたような気がしています。
最初のころは、同じように独立した人たちの多くが目指す「起業」のようなことも考えましたが、
結局は、目の前のクライアントの仕事に終始してしまい、
「コンサルタント」としての活動から一歩も進むことができませんでした。

なんとなく、「独立したからには、起業」という思い込みがあり、
2年が経つころには、「危機感」に似たものも感じました。
それでも、結局は、昨年と同じような状態で、新年を迎えてしまいました。


でも、最近、自然とビジネスパートナーが増えてきたり、
一方で、プライベートとのバランスのとり方が変わってくるなど、
自分がどのように働くのがあっているのかが、わかってきたような気がします。
「独立」という不安定さから、根拠のない「不安」につながっていた当初に比べると、
何かふっきれたと言っても良いかもしれない。
開き直り・・と言われてしまえば、それまでかもしれませんが、
妙に納得している自分がいるんですね。 最近。

その原因のひとつは、
独立して以来、参加させていただいている大きな案件にあるように思います。

この案件は私のコンサルタント人生において、もっとも印象にのこる案件となりました。
詳しく書くことはできませんが、社会的な意義も大きく、多くの人にかかわり、多くの難しさをはらむ案件です。
この仕事に関する想いについては、別の機会に書くことにして、
とにかく今年も、このような仕事に関わらせてもらえたことに感謝しつつ、
全力でできる限りのことをするつもりでいます。

というわけで、今年「頑張る」のは、まずは目の前にあるこの仕事。
そして、縁あって関わらせていただく、すべての仕事に全力であたるのは、今までと変わりません。


加えて、もう一つ。
「今、できること」 「今、やりたいこと」にとりあえず着手してみる・・・
そんな年にしたいと思っています。

というのは、「まだこれは時期ではない」「まず、いやなことを片付けてから、好きなことに着手する」
という癖が子供のころからあって、
結局、やりたいこと、好きなことの時機を逸することが多かったような気がします。
だから、今年は、「とりあえず、やりたいことには着手」してみようと思います。


仕事では、「PDCAをまわすためには具体的な目標を」と人には言っている私なので、
「そんな抽象的なこと?」と言われてしまいそうですが、
この2つを、「今年の頑張る」ことに定め、自然体でいきたい・・・
と想う年の初めでした。



2010年1月 2日 04:32プライベートな日常トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL:

http://blog.com-fact.com/mt-tb.cgi/55