2010年1月のエントリー

新幹線 あがったりさがったり


ブログ更新をせずに過ごしているうちに、あっという間に月末になってしまいました。
まずい。。
少し振り返りながらでも更新しなくては。。


さて、今年も毎週のように関西・中国地方への出張が続いています。

最初のころは、「新幹線に乗る」というだけで大事だったのに、
今では、片道3時間~4時間の往復も、普通に生活の一部になってきました。

週に2往復であったり、
始発の新幹線で出かけて、休憩もほとんどなく5本のミーティングを済ませ、
最終の新幹線で帰る・・・なんてことも、しばしば。 
往復の新幹線では、もちろん爆睡。
かなり効率は良いものの、あまりの眠りの深さに、
どんな顔で寝ているのか、自分でも怖くなります。(苦笑)

いつも感心するのは、これだけ新幹線に乗っていて、遅れたことが今まで一度もなかったことです。
飛行機で大阪や広島に行くと、遅れることの方が多いくらいだし、
中央線が、止まったり遅れたりしても、全然驚かなくなっています。
ところが、新幹線は、必ず定時に発車/到着する(・・・というイメージを持っている。)


技術・技能の集大成による新しいシステムであり、
日本の鉄道業界の「定時運転」へのこだわりが集大成したものだからなのでしょうか。
利用者としては、「あたりまえ」のことになっていますが、
考えてみれば、つくづくすごいことです。



昨日、その新幹線が、珍しく遅れました。

最近、「カスタマー・エクスペリエンス」(顧客経験価値)について、考えることが多くなりました。
このことは、別の機会に書こうと思いますが、
とにかく日々の消費活動において、ただぼーっと受け流したり、不満を感じて終わってしまうのは、
もったいないと思うようになりました。
自分が実際に経験するカスタマー・エクスペリエンスの一つ一つに、
他の業界や会社において、現場の改革や施策を考えるヒントがあるように思うのです。


そこで、以下では、
「新幹線に遅れが発生した場合のカスタマー・エクスペリエンス」もどき・・・です。
(というより、単なる一顧客のぼやき・・かな。笑)


2010年1月29日 04:58続きを読む仕事人としての日常

年の初めに想うこと


あけましておめでとうございます。
年があけて最初のブログ記事になりますが、
今年も思うこと、気づいたことなどを、つれづれに記録していきたいと思います。


新年の朝は、毎年家族でささやかなおせち料理とお雑煮を前に、
「今年はこんな年にしよう!」と乾杯をして、始まります。

今年は、チワワンズも加わり、いつもよりも賑やかな(うるさい)なか、
「昨年は、子供達がみんな頑張った良いとしだったね。今年は、親が頑張る番だね。」
なんてことを、語り合いながら、
いつもと同じように1年が始まりました。


その後、の~んびりした元旦を過ごしながら、
「頑張るって、やっぱり仕事のことだよね・・」なんて、一人思ったりしました。

「頑張る」って何をどうすることだろう。。


独立して3年目になりますが、最近、ようやく自分らしい働き方が見えてきたような気がしています。
最初のころは、同じように独立した人たちの多くが目指す「起業」のようなことも考えましたが、
結局は、目の前のクライアントの仕事に終始してしまい、
「コンサルタント」としての活動から一歩も進むことができませんでした。

なんとなく、「独立したからには、起業」という思い込みがあり、
2年が経つころには、「危機感」に似たものも感じました。
それでも、結局は、昨年と同じような状態で、新年を迎えてしまいました。


でも、最近、自然とビジネスパートナーが増えてきたり、
一方で、プライベートとのバランスのとり方が変わってくるなど、
自分がどのように働くのがあっているのかが、わかってきたような気がします。
「独立」という不安定さから、根拠のない「不安」につながっていた当初に比べると、
何かふっきれたと言っても良いかもしれない。
開き直り・・と言われてしまえば、それまでかもしれませんが、
妙に納得している自分がいるんですね。 最近。

その原因のひとつは、
独立して以来、参加させていただいている大きな案件にあるように思います。

この案件は私のコンサルタント人生において、もっとも印象にのこる案件となりました。
詳しく書くことはできませんが、社会的な意義も大きく、多くの人にかかわり、多くの難しさをはらむ案件です。
この仕事に関する想いについては、別の機会に書くことにして、
とにかく今年も、このような仕事に関わらせてもらえたことに感謝しつつ、
全力でできる限りのことをするつもりでいます。

というわけで、今年「頑張る」のは、まずは目の前にあるこの仕事。
そして、縁あって関わらせていただく、すべての仕事に全力であたるのは、今までと変わりません。


加えて、もう一つ。
「今、できること」 「今、やりたいこと」にとりあえず着手してみる・・・
そんな年にしたいと思っています。

というのは、「まだこれは時期ではない」「まず、いやなことを片付けてから、好きなことに着手する」
という癖が子供のころからあって、
結局、やりたいこと、好きなことの時機を逸することが多かったような気がします。
だから、今年は、「とりあえず、やりたいことには着手」してみようと思います。


仕事では、「PDCAをまわすためには具体的な目標を」と人には言っている私なので、
「そんな抽象的なこと?」と言われてしまいそうですが、
この2つを、「今年の頑張る」ことに定め、自然体でいきたい・・・
と想う年の初めでした。



2010年1月 2日 04:32続きを読むプライベートな日常