インフルエンザ 感染防止に成功!


新型インフルエンザのワクチン接種が間もなく始まるようですが、
我が家では、早くもインフルエンザ感染者が出てしまいました。


この前の日曜日の夜、合宿からもどってきた次男が「熱がある」とのこと。
測ってみると、39度を超えているではありませんか。
見た感じも、かなり苦しそう。

「もしかしたらインフルエンザ?」という懸念がアタマをよぎりました。



一瞬、家族の間で、「今のうちに全員で済ませてしまおうか」という話も出ましたが、
高熱に苦しそうにしている姿をみて、
「やっぱりやめよう。。。」ということになりました。

そこで、家族への感染防止の厳戒体制をとることになったのです。


といっても、出来ることは限られます。 
ごくごく当たり前のこと。

 (1)「次男封じ込め策」
     次男は、トイレ以外は自室から出ないこと
     自室前のトイレを専用に使うこと
     部屋から出るときはマスク着用のこと

 (2)「うがい&手洗いの徹底策」
     ・母親(私)は、彼の部屋に入るのは最小限にとどめ、マスク着用
      退出後、即 うがいと手洗い
     ・その他の家族は、彼の部屋の近辺には近づかないこと
      言うまでもなく、頻繁に うがい&手洗い


翌日、私は早朝から出張だったので、本人に自分で病院に行かせました。

結果・・・、

⇒ 「続きを読む」へ



2009年10月 3日 08:32プライベートな日常トラックバック(0)


「インフルエンザ」との診断。 タミフルを処方してもらいました。
ただ、「新型」であるかどうかは、特にコメントがなかったのでわからないそうです。
(この時期なので、「新型」の可能性は高いですよね。)


頑張って病院に行ったのは良かったのですが、
かなり苦しかったらしく、帰宅後は私が帰るまで一人で部屋でうなっていたそうです。

私が9時過ぎに帰ったときは、「朝から何も食べてない・・」と半ベソ。
せっかくもらったタミフルも飲まず、あいかわらず39度を超える熱。
あわててプリンを食べさせ、タミフルを飲まして寝かしました。


このタミフルが、すっごくよく効いたんです!
あんなに熱が高かったのに、翌朝には平熱。
すっかり元気でした。

高熱に苦しんだこと、まる2日で回復してしまいました。
病院に行ってすぐにタミフルを飲んでおけば、さらに半日早かったかもしれません。


症状が治まったとはいえ、48時間は感染の可能性があるとのこと。
ひきつづき、「厳戒体制」を続け、囚人のような5日間を過ごさせてしまいました。

マスクをした私がときどき現れるだけで、「ばい菌扱い」されて皆に敬遠された次男は、
ちょっと気の毒な感じでした。
侑ちゃん、ごめんね。(笑)


結果、無事感染者を出さずに乗り越えられました!

ちなみに、一緒の合宿に行っていた仲間の6割以上が発症していたとのこと。
下宿生活の人たちは、苦しかったんじゃないかなぁ。。 


「n=1」なので、真偽のほどはわかりませんが、今回の経験でわかったこと。

・ (新型?)インフルエンザは、感染力はかなり高いが、
  飛まつに触れないように、徹底して気をつければ感染は防げる

  ⇒ 人ごみではマスク着用、帰宅後すぐに「うがい&手洗い」すれば感染しにくい

・ 発症すると、かなり高熱で苦しそうだが、タミフルが劇的によく効く
  ⇒ 発熱したら即飲むようにすれば、ひどくならずに済み、すぐに回復する?

ということで、インフルエンザ、恐れるに足らず!
この教訓を生かして、来るべき流行の時期を無事に過ごしたいと思います。

   

トラックバック(0)

トラックバックURL:

http://blog.com-fact.com/mt-tb.cgi/39