夏も終わり: 今年も「みょうが三昧」でした


ここ一週間ほど、朝夕めっきり涼しくなりましたね。
例年は9月に入っても、厳しい残暑が続いていましたが、今年はちょっと肌寒いくらい。
今年は、長~い梅雨が終わり、夏らしい日がほとんどないまま、秋を迎えてしまった感じです。


誰もがそうかもしれませんが、「季節を楽しむ」ってとても潤いのあることです。
そう考えると、日本人に生まれてきて良かったなぁ・・と、心底思います。


.

春にも、そんな思いをブログに書きましたが、夏のそんな想いや日常を書かないうちに、
秋を迎えてしまったのは、ちょっと残念です。
⇒  「季節もの」へのこだわり
    何気ない日常: 季節を満喫する


そこで、またまた食べ物の話で、まったくの主婦ブログになってしまいますが、
我が家の夏の恒例の行事(?)をひとつご紹介します。



.

我が家の庭の片隅には、普段、絶対に足を踏み入れることのない一角があります。
庭とはフェンスで区切られた向こう側で、うっそうとした一角なんです。
恐ろしいことに、蚊の群生地となっています。


私は、そこに年に数回だけ、意を決して踏み込むことがあります。
木の芽(山椒)の季節である春と、そして、みょうがの季節である夏。
(みょうがが生えているというだけで、うっそうとした一角であることがわかりますよね。)


「みょうが大好き人間」の私は、完全武装でこの恐ろしい地帯に踏み込みます。
できるだけ暑い日の、できるだけ日の高い時間帯がねらい目です。
(気のせいか、蚊が少ないような気がする)


厚手のハイソックスに、一番厚手のジーンズ、フード付きのブルゾンで、首には手ぬぐい。
一番大きなサングラスをかけて、もちろんフードをかぶります。
手にはゴム手袋。
さらに、全身、煙るくらいに虫除けスプレー。 腰からは、携帯蚊取り線香。
さすがにお見せするのがためらわれるので、写真は割愛。
(同じ敷地に住む、儀父母や儀姉の家族は、どうも毎年、私のこの姿を楽しみにしているらしい。。)


このスタイルで、踏み込むと、蚊が周囲によってはくるものの、
あまり刺されることなく、帰還することができます。
とはいっても、一番暑い日の、一番暑い時間帯にこのスタイルです。
体中から噴出す汗・汗・汗。


「ハァハァ」と息を切らしながら、庭からもどってきた私の姿を見て、
さすがに、まいちゃんも一瞬、固まっていました。


.

0903_1.gif


.
.
この「戦い」の結果得た戦利品と
「戦いの友」である虫除けスプレー



.
.
.

0903_2.gif


.
「みょうが尽くし」メニュー。
このうち、6品にみょうががふんだんにはいっています。

このほか、茗荷の冷製パスタや、煮浸し、サラダなど、
なんでもみょうがも入れてしまうので、
子供たちには、ちょっと迷惑がられています。

.
.


こうして、今年も我が家の夏は例年と同じように過ぎていったのでした。

.
.


2009年9月 3日 06:08プライベートな日常コメント(2)トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL:

http://blog.com-fact.com/mt-tb.cgi/35

コメント(2)

こんにちは。お久しぶりです。

「みょうが」
食わず嫌いの1品でした。
そろそろいい大人だし、食べてみようかなあ...
ちなみに、「紅しょうが」やおすしの「ガリ」も苦手です。

曽根岡さん、お料理もお上手なんですね。
残業中、お腹が空く写真です....