2009年6月のエントリー

急なお知らせ: ドメインを変更します


急なお知らせですが、今週末に、ドメインを変更することになりました。
現在のURLは、今週末を持って閉鎖し、表示できなくなります。

検索サイトに新URLが反映されるには、少し時間がかかりそうです。
恐れ入りますが、本サイトを購読してくださっている方、ブックマークしてくださっている方、
RSSを利用されている方は、
下記のアドレスに再設定をお願いいたします。


◆本サイトの新アドレス◆
  http://blog.com-fact.com


また、関連サイトも下記のように変更になります。

◆ComFact(コムファクト)ホームページ◆ (新規公開)
  http://www.com-fact.com

◆ComFact ショートコラム◆
  http://backnumber.com-fact.com

これからコンテンツを徐々に充実させていく予定です。
ご迷惑をおかけしますが、引き続きよろしくお願いします。



2009年6月19日 13:57続きを読むこのブログについて

3年間ありがとう、おつかれさま


この週末は、ちょっとしたトラブル続きでした。
その一つは、パソコンの故障。

今、仕事でメインに使っているのは、ヒューレットパッカードのノートパソコンです。
地味でシンプルながら、使い勝手の良さがとても気に入っていました。
独立前から使っているので、そろそろまる3年、毎日、ほとんど休む日なく、働いてくれました。

そろそろ、ハードディスクが劣化する時期だったのかもしれません。
先週末くらいから、ワードで原稿を作成している最中に突然フリーズしたり、
インターネットにアクセスしていると、突然、表示されない部分が増えて、
やはりフリーズしたり・・・と、不具合が連続して起こるようになりました。

古いファイルを圧縮したり、ハードディスクを整理して、ちょっと落ち着いていたのですが、
やっぱり不安定な状態が続いています。



もともとPCやWebには弱いほうだったのですが、独立してからはヘルプデスクがないので、
自分で試行錯誤を重ねてやってきました。
また、一人で仕事をしていると、ちょっとした「仕事仲間」のような親近感もあります。


そういう訳で、写真にとって、記録に残しておくことにしました。
私の打ち方が悪いのか、キーボードには写真のような深い爪あとの溝が残っています。
このキーボードの溝の一つ一つにも、愛着があります。

DSC03449.JPG
ほとんど、何のキーかわからない状態。
特に、左下の「N」は、早くに姿を失って、深い線が何本か掘り込まれています。



「いよいよ寿命かなぁ・・」と思うと、寂しさもあると同時に憂鬱になりました。

買い換えるとなると、お金もかかりますが、それよりもあれこれと手間がかかります。
・ まずは、新しいPCについて情報収集
・ 購入の意思決定と手続き
・ それから、各種データの引越しやソフトのダウンロードのしなおしなど、環境を整えるための手間

これまでの快適な環境を取り戻すために、やらなくてはならないことが山のようにあります。
そうはいっても、これ以上深刻な事態にならないうちに、手を打たなくてはなりません。

⇒ 「続きを読む」へ


2009年6月15日 19:37続きを読む仕事人としての日常

ジム通い・・・欠かせません


コンサルタントの仕事には、アタマや根性も必要かもしれませんが、
「体力」と「健康」も欠かせない大事な要件です。
そんな理由から・・・というわけではありませんが、ここ数年の私の趣味というか、
プライベートの時間でかなり優先順位が高いのが、ジム通いです。

ワイアットに勤めていたころは、どんなに忙しくても、何とか土曜日の午後は時間を確保して、
7~8時間くらいジムにこもっていたものでした。

今は、曜日にはあまり関係なく、時間を見つけては通っています。
東京だけでなく、出張のときは、かならずジムの近くのホテルに泊まって、
少しだけでも汗を流すようにしています。

スキャン0001.gif
    パンプ仲間のM子ちゃんと


「半日」とか「7~8時間」というと、
「そんなに長い時間、何をしているのか・・」とよく聞かれるのですが・・・、

⇒ 「続きを読む」へ




2009年6月14日 00:33続きを読むプライベートな日常コメント(2)トラックバック(0)

勉強会


午前中は真っ暗だったのに、一転して夏のような明るい日差しがさしてきましたね。
お天気で随分と気分が違うものです。



昨夜は、月に1度の勉強会の日でした。
もとは、グロービスの生徒さんたちの有志と、「人の課題について、じっくりと考えてみよう」・・・
という話で発足した勉強会です。

メンバーは、
大企業の管理職層の方から、ベンチャーの中核メンバー、若手コンサルタントまで、
人事部門や戦略部門の方から、ラインのマネジャー/中堅社員の方まで、
と、バックグラウンドはさまざまです。
いろいろな方が集まって、自由に議論を交わし、その後、おいしいお酒を酌み交わしています。

メンバーの要件は、「人に関する感度が高く、志の高い仲間」

その後、もともとのメンバーの紹介で官庁の若手公務員の方や、世間で注目を集めている会社の戦略部門の方など、メンバーも少しずつ増えてきました。

議論はというと・・・、
最初は、授業で議論しきれなかった人事システムの仕組みと運用について、
参加者の会社の状況や工夫を紹介することから始まりました。

最近は、メンバーの会社の具体的な経営課題や組織・人事課題について、
変革プランをざっくばらんに話し合っています。
ちょうど、コンサルティング会社のブレストのような感じになってきました。

独立して以来、チームでのブレスとは勤めていたころに比べるとかなり減りました。
一人で考えることが多くなった私にとっては、懐かしいとともに、刺激的で楽しい時間です。


会社の中核を担うメンバーが多いので、仕事が忙しくて参加者は入れ替わりたちかわりで、
少ないときは5人、多いときは10人くらいです。
忙しい中、駆けつけてくださり、議論が終わると、懇親会は不参加で職場に戻られる方もいます。

もともと、「コンサルティングの仕事を通して、クライアントや一緒に働いた同僚から学ばさせてもらったことを、
今後の仕事や活動の中で少しでも還元していきたい」というのが、私の強い思いです。

こんなふうにして参加してくださる方に対して、私のほうが刺激や気付きをいただくと同時に、私自身も、少しでも貢献できたらと思っています。

これからも、無理なく、楽しく、続けていきたい・・・と願っています。





2009年6月11日 15:35続きを読む仕事人としての日常

ようやく一段落・・・


今日は、ちょっとばかりホッとしています。
独立して3年目を迎えるにあたり、そろそろ基盤を整えようと重い腰をあげて、3ヶ月ほどになります。
このブログも含めて、ようやくWebサイトの環境が整ってきました。


もともとWebにはまったく明るくなかった私ですが、この3ヶ月ではいろいろ勉強させてもらいました。
ワイアット時代にホームページのコンテンツ作成を担当したときは、
ヘルプデスクの人が制作会社との間に入ってくれたので、原稿作成だけに特化することができて、とても楽だったのですが、
今回は制作会社の選定から交渉、サイトのデザイン構築から依頼・調整など、
全部自分でやらなくてはなりません。


当初、ブログサイトの簡単なカスタマイズやSEO対策を試行錯誤でやっているうちに、
少しずつサイトの構造が理解できたり、タグを打つことができるようになってきました。
これが良かった!!
少しでも理解していないと、制作会社の方とのやり取りは難しかったように思います。



また、制作会社もプロフェッショナルな方にめぐり合うことができ、ラッキーでした。
終始、冷静でビジネスライクなやり取りができました。
アドバイスやお勧めも、SEOへの影響も視野に入れて、正しい文法に徹底的にこだわる姿勢も
プロとして納得感のあるものでした。
柔軟な対応をお願いしても、多少頑固なところもありましたが、プロならではのこだわりだと理解できました。
ホームページもいよいよ、あと一息ですが、渡辺さんにはとても感謝しています。

制作会社の渡辺さんにはお世話になりましたが、ヘルプデスクもなく、
基本的にすべて自分でやってくると、サイトに対する愛着も強くなります。
いよいよ、これから少しずつコンテンツを充実させて、これらのサイトを大事に育てていく段階です。
当分、 「コンサルタント 兼 ウェブマスター」 として、コンテンツとサイト環境の双方を整えていきたいと思っています。
特に、
「インプットとアウトプット、これからはこのどちらも怠ることなく、陳腐化しないように努力しなくては」
と、自分に言い聞かせたところです。



今朝は、ずっと気になっていたメルマガを配信することができました。
今号のテーマは、「不況期こそHRM再構築を」
安易な人件費削減ではなくて、このような時期だからこそ、企業体力の底力をつけていくための簡単な考察(コラム)です。
よろしければ、右カラムの登録フォームから登録してみてください。

久しぶりにメルマガの記事を執筆しましたが、前のメルマガを3年間書いていただけに、これまた、結構懐かしかったです。



2009年6月10日 08:56続きを読む仕事人としての日常

あいまい性 × 興味関心


新型インフルエンザ騒ぎもすっかり落ち着いて、
マスコミでもほとんど取り上げられなくなりましたね。

先週も関西出張がありましたが、ほとぼりもすっかりさめて、街はとても落ち着いた様子でした。
その前の週は、新幹線の中も、駅も街もマスクをする人ばかりで、
いつも宿泊しているホテルも人が少なかったのですが、
先週はうってかわって、マスクをしている人もほとんどいないし、
新幹線で飲食する人もずっと多かったような気がします。

感染している人の数が急に減ったり、ウィルスが撃退されたわけでもないのだろうに・・・、
と、ちょっと不思議な感じもしました。


そもそも、豚インフルエンザはさほど毒性が強くないかわりに、
感染力が強いウィルスだったと聞いています。

一方、鶏インフルエンザは感染力はそれほどではないものの、毒性が極めて強いとのこと。
(毒性が強いウィルスの場合、感染力まで強くなると宿主を殺してしまい、
自分が感染する先がなくなるので、毒性ほどは感染力は強くない・・・そうです。
なるほど、うまくバランスしているものなんですね。)

豚インフルエンザが発生し、広がったのは突然のことだったので、
鶏インフルエンザとの違いも十分認識されないまま、極端な警戒体制がとられたのだと思いますが、
マスコミの扱いも下手に不安をあおってしまったのではないでしょうか。
私も、最初、「豚」と「鶏」の違いが良くわからず、大変なことになったのかと思いました。



ここで、ふと思い出したのが、学生時代に学んだ社会心理学のこと。
たしか、
「流言飛語」 = 「あいまい性」 × 「興味関心」
といった関係式があったような気がします。
人々が関心があることについて、あいまいな情報が流れると、たちまち流言飛語(うわさ)になって広がる・・・ということです。



先行きの見えない不況の時代、業績悪化やボーナス削減、雇用の見直しなどについて、
あいまいな情報が社内に流れると、社員の方たちの不安は一挙に高まるのではないでしょうか?
場合によっては、いい加減なうわさ(流言飛語)が流れて、会社に対する不信感を呼んでしまうこともあります。

コミュニケーションの重要性がしばしば指摘されますが、
「明確」かつ「具体的」で、「一貫性」のあるメッセージを送ることが原理原則なのではないでしょうか。
その際、明確で納得感のある「根拠」や「理由」、「背景」もあわせて伝えることの大切さを再認識しました。

社員が不安を感じがちな状況にあるからこそ、このあたり、気をつけていきたいものです。

 



2009年6月 7日 10:29続きを読む仕事人としての日常

大失敗 ・・・ 信頼回復に向け、明日から全力投球


やってしまいました!
プロのコンサルタントとしては、許されない失敗。 あるまじき失敗。。

クライアントの社長ミーティングをすっかり失念していました。
12年にわたるコンサルタント人生で、数々の失敗もしてきましたが、これほどのことは初めてです。

以前は、スケジュールはすべてアタマに入っていたので、
スケジュール帳を持ち歩かなくても大丈夫だったのですが、
数年前に、ふと不安を感じるようになって、必ず携帯するようになりました。

それなのに、1週間間違えて、予定を記入していました。

なんとなく 「今日は余裕があるな・・」 と思い、スケジュールを見直して、
自分の失敗に気づいたときは、心臓が飛び出しそう、アタマが真っ白。。。
背中を冷や汗がスーッと流れていくのを感じました。

その後も、半日ほど、そのことが気になって、何をしても手につかない状態でした。


普通の会社のように、同僚と一緒にオフィスを出るのであれば、このようなことは起きないのですが、
インディペンデントに活動していると、自己管理を間違うとまったく気づかずに過ごしてしまう
・・・そんなリスクの恐ろしさを痛感しました。



幸い、一緒に仕事をしているチームの人たちが話を進めてくださり、事なきを得たものの、
コンサルタントとしては危機的状態です。

信頼を築くには、こつこつと手を抜かない仕事を重ねることが必要ですが、
信頼をこわすのは、一瞬のこと。

一緒に働いているプロフェッショナルの人たちにも、クライアントにも何とか許容していただけたようですが、
また、一歩ずつ信頼を回復しなくては・・と、
大いなる反省とともに、気持ちを新たにしたところです。

まずは明日・明後日の出張からです。
気持ちを引き締めて、いってきます。



2009年6月 3日 01:16続きを読む仕事人としての日常