ゴールデン・ウィーク前の新幹線


今日からゴールデンウィーク。
絶好の行楽日和ですね。
5月の連休は、季節もよいので、何をするにも、どこにいくのにも最高!です。

とはいっても、我が家のゴールデンウィークは、
例年どおり、自宅でのんびり・・といったところです。
どこに行っても混んでいるし、自宅でのんびり過ごすのも結構好きなので。。

ワイアットに勤めていたころは、家具を買いに行ったり、車を買いに行ったり・・
と日ごろ気になっていることを片付けつつ、
たまにの~んびりするのも良いなぁ・・という感じでした。

ここ数年は、息子たちも友達と出かけてしまうし、
私も、独立してからはカレンダーとは関係ない生活になので、
連休も結局は仕事をしたり、普段どおりに過ごしています。

さて、今週も月・火と岡山に出張で、東京に22時半に着く新幹線で帰ってきました。
いつもと違う客層・雰囲気に、思うことあれこれ。。



2009年4月29日 08:43仕事人としての日常トラックバック(0)


いつも、エクスプレス予約という新幹線の予約サービスを使っているのですが、
(便利です! これ)
前々日に予約を入れた段階で、ほぼ満席なのにびっくりしました。

そういえば、ジム仲間に電車に詳しい人(いわゆる鉄ちゃん?)がいるのですが、
「連休前の新幹線は混むから、早く予約を入れたほうが良いよ」と言っていたのを思い出しました。
たしかに、31日・1日を休めば、長いお休みです。
やっとのことで禁煙車両通路側に席を見つけて予約することができ、ほっとました。


当日(昨日のこと)、打ち合わせが少し早く終わりました。
それなら、少しでも早く帰りたい!
「無理だろうな」と思いながら、ひとつ前の新幹線を検索したら・・・
なんと、私のお気に入りの11号車1番前窓側席が空いているではありませんか!

たまたまキャンセルが出たのでしょうか?
大喜びで変更して、お弁当を買い込んで乗り込みました。

車内はいつもと違う客層。
私の隣は赤ちゃん連れの女性でした。ちょっと嬉しかった。

いつもはビジネスマンがほぼ全体を占めているのに、
昨夜は、ご年配のご夫婦や、家族連れ、特に小さいお子さん連れのお母さんがたくさんいました。

岡山ではそんなに混んでいなかったので、
てっきり大阪や京都、名古屋で大勢乗ってくるものと思っていました。

ところが・・・、大阪で大勢の人が降りたのに、ほとんど乗ってくる人がいないんです。
私の隣の若いママさんも大阪で降りてから、隣は空席。
名古屋を過ぎたあたりでは、車内は閑散としてしまいました。

これにはびっくり。

予約はけっこういっぱい(とはいっても、満席ではなかった)だったのに、
実際にチケットを購入して乗車する人はすごく少ないんです。
たしかに、発車の5分前までキャンセルは可能です。
一応、押さえておいて、やっぱりやめたという人が多いのでしょうか?


どうして?
高速道路が休日は1000円になったから?
それとも不況の影響?
・・・などと、思わず原因をあれこれと考えてしまいました。

鉄道事業は、比較的環境変化の影響を受けにくい安定したビジネスだと思っていましたが、
意外と影響があるんですね。


思えば、昨年後半のガソリン高騰やエコ活動などから、
鉄道事業に追い風と思われる時期もありました。
それがガソリン価格が下落して、先行きの見えない不況になると、
顧客の動きって、大きく変わることを目の当たりにした気がしました。

いくら安定したビジネスといっても、
近距離や通勤・通学の利用はあまり変動しないけど、
中長距離の利用や観光客などは、環境に結構左右される側面もあるのかもしれません。


「環境変化が激しい、少し先が見えない時代」における会社の舵取りの難しさ、
事業戦略、人材戦略を構築し、実行していくことの難しさ・・をいろいろなところで
議論していますが、
昨夜は、こんなところからリアルな実態に触れた気がしました。


私個人としては、昨夜はそんなことも考えながら、
環境変化の恩恵をこうむって、
二人席をゆったりと使って、東京まで帰ってきたのでした。